京成立石で産後の背中の痛みでお悩みの方へ|京成立石駅から徒歩1分。骨盤矯正や楽トレができる京成立石整骨院

お問い合わせは、お電話またはメールにて

0366576660

9:00~12:00 / 14:30~20:00
土曜:9:00~15:00 定休日:日曜

お問い合わせ

こども商品券

ブログ

京成立石で産後の背中の痛みでお悩みの方へ

ブログ

2018.03.13

おはようございます!

京成立石整骨院、院長の玉置です。

本日もブログへの訪問、誠にありがとうございます。

 

さて、最近は産後(育児による)の身体の痛みの話をしているのですが、今日はその中でもおそらく一番感じている方が多いであろう『背中』の痛み・張りについてのお話。

 

おそらく出産後、一番身体の中で負担がかかっているであろうと考えられるのがこの背中の筋肉です。

 

インナーマッスル、特に骨盤周囲の筋肉が妊娠中に落ちることによってうまく機能しなくなることで姿勢を安定させるのに、無理に背中の筋肉が使われてしまいます。(2つ前のブログ参照)

 

さらにどうしても育児では身体が前傾姿勢になりがち、それによって背中の筋肉は身体が前に倒れないように引っ張っておかないといけなくなり、更に負担がかかります。

 

加えて抱っこのようにものをもち上げる時にもこの背中の筋肉は使われています。

 

もうホントに大変…産後の方で背中に張りのない方なんてのは見たことないくらいです。

 

そしてもう少しいうと、だいたい症状が出ているのは利き手と反対側の方が大半です。

 

これは右利きの方の場合、右手で作業をすることが多いので左側でお子さんを抱っこして、右手をフリーにしていることがほとんどだからです。

 

その際、これまた多くの人が左の骨盤にお子さんを乗せるような形をとりますので、左の骨盤を引き上げるような感じになります。

 

この時さらに左の、特に身体の外側にある背中や腹筋、腰の筋肉に負担をかけるので左側に症状を訴える方が多いわけです。(もちろん例外はありますが、今見てきた患者さんはほとんどこのパターンが当てはまっています)

 

背中の筋肉の緊張は、腰や首肩、更には腕、手首と色々なところに症状を出してしまう危険性が増してしまいます。

 

ですので当院の産後の方への施術では骨盤へのアプローチのほかに背中や、身体の外側にある筋肉への施術も行っていきます。

 

お子さんが大きくなるにつれて身体への負担も大きくなってきますので、しっかりとケアをしながら、身体の状態を整えていきましょう!

 

☆☆受付時間☆☆

 

平日

9時から12時

14時半から20時

 

土曜

9時~15時

 

日曜休診

予約優先制

ギックリ腰や捻挫など急な症状はその場でできる限り対応いたします

 

HPはこちら

https://tateishi-seitai.jp/

 

ご予約はお電話・もしくはこちらから

https://ssl.xaas.jp/x9284652/login/serviceAppoint/index?SITE_CODE=hp

 

東京都葛飾区立石1-15-10セアン1階

03-6657-6660

京成立石整骨院

立石骨盤整体センター