京成立石で産後のダイエットにお悩みの方へ|京成立石駅から徒歩1分。骨盤矯正や楽トレができる京成立石整骨院

お問い合わせは、お電話またはメールにて

0366576660

9:00~12:00 / 14:30~20:00
土曜:9:00~15:00 定休日:日曜

お問い合わせ

こども商品券

ブログ

京成立石で産後のダイエットにお悩みの方へ

ブログ

2018.05.08

おはようございます!

京成立石整骨院、院長の玉置です。

本日もブログへの訪問、誠にありがとうございます。

 

さて、今日は産後のダイエットについてのお話。

出産を経験された皆さんの中で、体型が変わったことに悩まれている方はどのくらいいらっしゃるでしょうか??

 

…はい、まぁ大多数ですよね。

 

お腹がなかなか締まらないという方、お尻が下がった感じがする、数字は戻ったけど、見た目がなかなか…などなどいろいろあると思います。

 

今日はその原因についてお話していきます。

 

さて、まず原因ですが大きく分けて2つです。

1つは筋力の低下、もう一つが骨盤の傾きの変化(姿勢)の影響で起こります。

 

まず1つ目、筋力の低下ですが

妊娠中に弱くなる筋肉は主に3か所

①腹筋群 ②骨盤底筋群 ③腸腰筋

です。

 

①の腹筋は胎児が大きくなるにつれ、お腹が大きくなるとどうしたって腹筋は引っ張られて伸ばされてしまいます。

そうすると力は入りにくくなるので、弱くなってしまいます。

 

②の骨盤底筋も同じような理由なのですが、骨盤底筋群というのは骨盤の底にハンモックのようについていて、子宮がその上に乗っかっているので引っ張られて伸ばされてしまいます。

さらに、骨盤底筋の真ん中を産道が通りますので、胎児が出てくるときにかなり伸ばされてしまいます。

(場合によっては引き裂かれてしまうこともあるそうです。)

 

③の腸腰筋ですがこれは姿勢とも大きく関わってくるのですが、正しい位置や角度に骨盤があり、いい姿勢をとれる間は腸腰筋は勝手にある程度働いてくれるのですが、妊娠中はかなり骨盤の傾きなどが変わるため、この腸腰筋がうまく機能してくれません。

産後もその状態が続くため、悪循環に陥ってしまいます。

 

筋力が下がると当然代謝も下がりますので、痩せにくい(脂肪を燃焼しにくい)身体になってしまいますし、腹筋や骨盤底筋が落ちるとお腹を閉める働き(腹圧を高める)も弱くなってしまい、なかなかお腹が引き締まりにくくなってしまいます。

 

 

次に骨盤の傾きの変化ですが、妊娠中はお腹が大きくなるにつれてそこを支える為に骨盤の傾きを時期によって変えています。

 

本来はやや骨盤は前に傾いていて、その位置にあると周囲の筋肉も正しく働くのですが、それが変わってしまうと、うまく周りの筋肉、特にお尻や太ももの裏側の筋肉が使えなくなってしまいます。

 

産後は特に骨盤を支える腹筋や腸腰筋が弱っている時期ですので、余計のその正しい位置にはなりずらくなっております。

 

ですのでお尻が下がってきてしまったり、腿の裏にセルライトがつきやすくなってしまうわけです。

逆に言えば姿勢を正すだけでお腹の筋肉や腸腰筋などには勝手に力が入りますので、いい姿勢を取るだけである程度は引き締まって見えます。そしてその状態で動くとお尻や太ももの裏の筋肉がうまく使えるのです。

 

(これは産後に限らずですが、姿勢が悪い人ほど寸胴に見えて、いい姿勢の人ほどくびれがキレイに出ます)

 

だから産後の骨盤矯正をすることがダイエットにつながるわけです。

 

実際当院で産後の矯正を施術して直後にウエスト回りが緩くなった感じがした方や、10回前後ののちに体重が3キロほど落ちた方もいらっしゃいます。

 

さらに弱くなってしまった筋力をより早く戻すためのトレーニングを同時に行っていけば、より早く効果を実感しやすくなります。

 

産後の体型の変化でお悩みの方はいつでもご相談ください!!

 

☆☆受付時間☆☆

 

平日

9時から12時

14時半から20時

土曜

9時~15時

日曜休診

 

予約優先制

 

ギックリ腰や捻挫など急な症状はその場でできる限り対応いたします

平日午前中は女性スタッフが在中。キッズスペースもございますのでお子様と一緒の来院もOKです!

お気軽にご相談ください‼

HPはこちら

トップページ

ご予約はお電話・もしくはこちらから

https://ssl.xaas.jp/x9284652/login/serviceAppoint/index?SITE_CODE=hp

東京都葛飾区立石1-15-10セアン1階

03-6657-6660

京成立石整骨院

立石骨盤整体センター