京成立石で子どものスポーツによるケガ・膝の痛みは京成立石整骨院へ!|京成立石駅から徒歩1分。骨盤矯正や楽トレができる京成立石整骨院

お問い合わせは、お電話またはメールにて

0366576660

9:00~12:00 / 14:30~20:00
土曜:9:00~15:00 定休日:日曜

お問い合わせ

こども商品券

ブログ

京成立石で子どものスポーツによるケガ・膝の痛みは京成立石整骨院へ!

ブログ

2018.08.07

おはようございます!

京成立石整骨院、院長の玉置です。

本日もブログへの訪問、誠にありがとうございます!!

 

地域の少年団だったり、部活動に入って運動をしているお子さんをお持ちの方、お子さんが何処か痛がっていたりしないですか??

最近の子で特に多いのが、やはり膝の痛みで悩んでいる子。

 

特にサッカーをしている子はオスグットという名前を聞いたことあると思います。

 

膝の下の硬い部分が飛び出してくる、骨端症(いわゆる成長痛)の一つです。

 

このオスグット、欧米の子供より日本人の方がなりやすいようです。

それはなぜか?

 

オスグットの直接的な原因は太ももの前の筋肉です。

 

ヒトの筋肉の中で一番強くて大きな筋肉なのですが、この筋肉の柔軟性が乏しいことが原因です。

この筋肉の柔軟性がないと、くっついている膝の下の部分が引っ張られてしまいます。

ここは中学生くらいまでは完全な骨にはなりきっておらず、軟骨で形成されています。

筋肉が硬いと当然そこは引っ張られます。さらに骨は成長して伸びていきますので、筋肉が硬いと余計に引っ張られてしまいます。それによって浮き上がってきてしまってしまいます。

これが病態です。

 

ですので太もものケアをすれば痛みは取れてくるのですが(飛び出したものは炎症で腫れているもの以外は残念ながら戻りません。)実は根本的な解決にはなっていません。

そしてこれは欧米の子供と日本人の子供との差にはつながりません。

 

では同じような練習をしていても欧米の子供はなりにくくて、日本人がなりやすいのか?

 

原因は、実は骨盤の傾きが関係していると考えられています。

欧米の子供の骨盤はしっかりと起きていて、前に傾いているのに対して、日本の子供の骨盤はやや後ろに傾いています。

特に最近の子供は姿勢が悪く、猫背になっているのでその傾向は顕著です。

 

これは身体の中心にあるインナーマッスル『腸腰筋』がうまく使えていないためです。

 

この骨盤が起きていない状態でいると、極端にやると膝が曲がります。

 

膝が曲がった状態は空気椅子をしているのと同じようなものですから、太ももの前には常に負担がかかります。(空気椅子をやってみれば太ももの前に負担がかかることはわかります)

この影響でオスグットが多いといわれています。

 

またしっかりと骨盤が起きていないと、ももの後ろやお尻の筋肉がうまく使えません。

そうすると実は爆発的な加速がしづらくなります。

キック力も半減です。

腸腰筋が弱いとバランス感覚にも影響しますので、あたり負けもしやすくなります。

このように骨盤の傾きや腸腰筋がうまく働かないことは運動のパフォーマンスにも関係します。

 

当院ではそのような子供たちに、まずは痛みを取り、そこから骨盤矯正とインナーマッスルトレーニングを交互に行っております。

 

実際に受けたお子さんは痛みが出なくなったのはもちろん、ボールへの出足もよくなったと喜んでいました!

 

学生は自費診療分は学割もございますし、スポーツによるケガは保険診療の対象でもあります。

 

そしてスポーツがうまくなるのに一番大事なのは、怪我せず休まないで練習に参加できることです。

どうしてもケガをしてしまったら、無理をせずしっかり休んで完全に治してから復帰をすることが大事になります。

 

痛みの出にくい身体を作って、しっかりと活躍できるようになりましょう!!

 

☆☆受付時間☆☆

 

平日

9時から12時

14時半から20時

 

土曜

9時~15時

 

日曜休診

予約優先制

ギックリ腰や捻挫など急な症状はその場でできる限り対応いたします

平日午前中は女性スタッフが在中。キッズスペースもございますのでお子様と一緒の来院もOKです!

お気軽にご相談ください‼

 

HPはこちら

トップページ

ご予約はお電話・もしくはこちらから

https://ssl.xaas.jp/x9284652/login/serviceAppoint/index?SITE_CODE=hp

東京都葛飾区立石1-15-10セアン1階

03-6657-6660

京成立石整骨院

立石骨盤整体センター