京成立石・四つ木で子連れで産後の骨盤矯正を受けられる整骨院!|京成立石駅から徒歩1分。骨盤矯正や楽トレができる京成立石整骨院

お問い合わせは、お電話またはメールにて

0366576660

9:00~12:00 / 14:30~20:00
土曜:9:00~15:00 定休日:日曜

お問い合わせ

こども商品券

ブログ

京成立石・四つ木で子連れで産後の骨盤矯正を受けられる整骨院!

ブログ

2018.10.17

おはようございます。

京成立石整骨院、院長の玉置です。

本日もブログへの訪問、誠にありがとうございます!!

 

産後の骨盤矯正がなぜ必要なのか?今日は原点に返ってその話をしていこうと思います。

 

妊娠中だったり産後だったり、よく話としては聞くところだとは思います。

 

でも、『したほうがいいよ!』って聞くだけで、なんでした方がいいのかわからず、お子さんの世話に追われて自分の時間が作れず結局していないという方も多いのではないでしょうか?

 

今日は特にしなかった時のリスクについて詳しく話していきますね。

 

まず大前提として、産後の骨盤は実は思ったより広がっていません。

確かに広がって見えますが骨盤自体の形はそこまで大きくは変わっていません。

恥骨部分が約1~2センチ開く程度です。

そして骨盤自体がぐにゃっと歪むことはほとんどありません。

ただし傾きはかなり大きく変化します。

 

今日はここには詳しくは触れません。

知りたい方は過去のブログを参考にしてみてください。

 

で、ここから今日の本題。

まず一つ目ですが『腰痛や肩コリの悪化』です。

育児での負担も大きいのでそれが原因な部分ももちろんありますが、実は骨盤がそこに大きく関わってきています。

 

前述の通り妊娠中骨盤の傾きは大きく変化します。

 

骨盤の上に背骨が乗っかってその上に頭が乗っかっています。

ですので骨盤の傾きが変われば上に乗っているもののバランスも変わります。

言い換えれば姿勢が崩れるってことです。

それを何とか支えないといけなので負担がかかってしまい肩こりや腰痛の原因となります。

 

さらに言うと本来姿勢を支えている筋肉が妊娠中はうまく使われておらず、筋力が低下しています。

そうすると本来は身体を動かすために働く筋肉で何とか姿勢も支えようとします。

ですので通常よりも負担が倍以上になってしまうってわけです。

 

骨盤の傾きが正しい状態に戻ると筋肉にかかる負担が減るだけでなく、この身体を支える為の筋肉が働きやすくなります。

そうすれば身体は安定しやすくなるので症状は出にくくて済むわけです。

最初は症状を感じていなくても、数年後徐々に負担がかかってしまっていて急に現れるということもあります。

ですので産後すぐ無症状でも注意が必要です。

 

二つ目が尿漏れのリスクです

先ほどの姿勢を支える筋力が落ちるというところとつながってくるのですが、妊娠中は腹筋や骨盤の底にある骨盤底筋群と呼ばれる部分も弱くなります。

この骨盤底筋群の役割の一つに『尿道を締める』働きがあります。

妊娠後半に尿漏れが起こりやすいのは、胎児が大きくなるにつれて骨盤底筋群は引っ張られ(そこに子宮が乗っかっているので)力が入りにくくなるためです。

 

そして腹筋と骨盤底筋群は恥骨の部分でつながっているといわれています。

腹筋も胎児が大きくなるにつれて伸ばされてしまいますので当然低下します。

産後もこのままの弱った状態で生活していきますので、産後は尿漏れが起こりやすくなります。

また年齢を重ねさらに筋力が落ちてきたときに女性の方が尿漏れを起こしやすくなるのもこのためです。

(男性よりも女性の方が尿道がまっすぐで短いのももちろんありますが)

 

三つ目は美容的な問題

尿漏れのところで腹筋が落ちるという話をしました。

ですので当然お腹もやや出やすくなります。

さらにいうと姿勢が悪いとこの腹筋群や骨盤底筋群に力が入りにくくなりますのでお腹がぽっこり出やすくなります。

 

ですので逆に言うと姿勢がよくなるとお腹くびれて見えます。

これはでも自分で試してみるとわかります。

少しトイレを我慢する要領で骨盤底筋群に力を入れて立ってみてください。

姿勢がよくなり(骨盤が正しい位置に来ます)お腹に勝手に力が入りスタイルがよく見えますので。

 

さらに骨盤が正しい位置に来る(反るのではなくしっかり起きた状態になる)と、お尻や太ももの裏の筋肉も使いやすくなります。

 

そして太ももの前の筋肉の負担が減ります(骨盤が起きていないと膝が曲がった状態をキープするのと同じ、つまり空気椅子をしているのと同じような状態となり、太ももの前ばかり使います。)

太ももの前の筋肉は人の身体の中で一番強くて大きな筋肉です。

そこに力が入り続ければ当然筋肉は肥大し足が太く…という風になりやすいと考えられます。

 

ここで一つ勘違いしないでいただきたいのは、骨盤矯正にダイエットの効果は直接はありません。

こうやって体の使い方が変わることで引き締まっていく可能性は十分ありますが、使うことが大前提です。

矯正したから痩せるってわけではないですからね!

痩せる為には運動と食事が必要不可欠です。

 

…大分長くなってしまったのでこのへんで今日は終わりにしようと思います。

実はまだリスクはあるのですがそれはまた次回のお話にしようと思います。

 

妊娠中に骨盤の傾きが変わったり筋力が落ちるのは、残念ながら絶対避けては通れません。

おそらく産後の方はこの中の一つくらいは気になっていることあると思います。

なくても将来的に出てしまうリスクは出産を経験している人よりは高いです。

ですので早めに対応しておくことをお勧めします。

当院の施術は産後数か月の方向けというわけではなく、数年経っていても効果の出るものにはなっています。

ただやはり早くにはじめた方が効果が出るのも早い方が多いです。

少しでも気になりましたらお問い合わせください!

 

ここのところ大分涼しくなってきましたが、風邪などひかれてはなるべくいないでしょうか?

寒暖差が激しいので体調の変化には十分気を付けてくださいね!

 

 

☆☆受付時間☆☆

 

平日

9時から12時

14時半から20時

 

土曜

9時~15時

 

日曜休診

予約優先制

ギックリ腰や捻挫など急な症状はその場でできる限り対応いたします

平日午前中は女性スタッフが在中。キッズスペースもございますのでお子様と一緒の来院もOKです!

お気軽にご相談ください‼

 

HPはこちら

トップページ

ご予約はお電話・もしくはこちらから

https://ssl.xaas.jp/x9284652/login/serviceAppoint/index?SITE_CODE=hp

 

東京都葛飾区立石1-15-10セアン1階

03-6657-6660

 

京成立石整骨院

立石骨盤整体センター