京成立石・青砥で産後すぐに骨盤矯正を受けられなかった方へ|京成立石駅から徒歩1分。骨盤矯正や楽トレができる京成立石整骨院

お問い合わせは、お電話またはメールにて

0366576660

9:00~12:00 / 14:30~20:00
土曜:9:00~15:00 定休日:日曜

お問い合わせ

こども商品券

ブログ

京成立石・青砥で産後すぐに骨盤矯正を受けられなかった方へ

ブログ

2018.11.05

おはようございます。

京成立石整骨院、院長の玉置です。

本日もブログへの訪問、誠にありがとうございます!!

 

さて、前回は産後の矯正を受けないとどうなるかのお話を書かせていただきましたが、今回はいつまでに受けるべきなのかについてのお話をしようと思います。

 

よく産後の矯正は、産後2か月目くらいから遅くとも1年以内、できれば半年以内に始める方がいいといわれます。

 

はじめる時期についてはそのころから始めるのがいいと思います。

産後すぐは出産にかなり体力を使っていますし、特に一人目のお子さんだとなかなかペースもつかみづらいと思いますので、その辺が落ち着く2か月目から3か月目くらいから始めるのがいいでしょう。

 

ただし帝王切開での出産の場合は、傷口の痛みが落ち着くまで待った方がいいとは思います。

 

で、いつまでに始めればいいのかという話ですが、私の考えでは2年たっても産後は産後ですので、いつ始めても遅くはないと考えています。

 

というのも、当院の考える産後の矯正では整えるのは骨盤の傾きやお尻の外側の筋肉の影響でおこる股関節の開きであり、骨盤自体を矯正しているわけではないからです。

 

骨盤の傾きは姿勢に関わっており、身体の痛みの原因となります。

 

産後はさらにこの姿勢を支える筋力が低下します。

そして骨盤の傾きが正しくないとこの筋肉は正しく働きません。

ですので姿勢が保ちにくく…と悪循環に陥ります。

 

正直に言って現代の人たちはみんなこの姿勢を支える筋肉(いわゆるインナーマッスルです)がうまく使えておらず、姿勢がいい人なんてほとんどいません。

 

産後はさらにその状態が顕著になりますので、産後矯正というのが特にクローズアップされているわけです。

 

そして股関節の開きですが、これはお尻の横の筋肉の影響でなるのですが、もちろん美容的な問題もあります。

 

しかし実はそれだけが問題ではなく、その状態が続くと太ももの内側の筋肉が使いづらくなりO脚(膝が外を向く状態)になってきてしまいます。

 

そうすると、将来的に膝の変形(軟骨がすり減るってやつ)になりやすくなります。

女性の方が膝の変形が多いといわれているのですが、理由の一つに産後にちゃんとケアをできていないことがあると考えられます。

 

これらの問題はもちろん早くに対処するに越したことはないですが、実際は産後すぐでなくてもちゃんと改善します。

 

年齢によって筋力の低下が起こり始める前であれば全然改善の余地はあるわけです。

しっかりと矯正をすることで産前よりもいい状態になること可能性すらあります。

 

ただもちろん産後すぐに矯正を始めるのと比べると、正しい状態で生活できていなかった期間が長いぶん、改善にやや時間がかかる可能性はあります。

 

それでも子どもが生まれてから出やすくなったというような身体の痛みや体型の変化はまだ諦める必要はありません!

 

産後バタバタして矯正できなかった…と諦めている方、ぜひ一度ご相談ください!

 

☆☆受付時間☆☆

 

平日

9時から12時

14時半から20時

 

土曜

9時~15時

 

日曜休診

予約優先制

ギックリ腰や捻挫など急な症状はその場でできる限り対応いたします

平日午前中は女性スタッフが在中。キッズスペースもございますのでお子様と一緒の来院もOKです!

お気軽にご相談ください‼

 

葛飾区から配られる『こども商品券』が使えるようになりました!

 

HPはこちら

トップページ

ご予約はお電話・もしくはこちらから

https://ssl.xaas.jp/x9284652/login/serviceAppoint/index?SITE_CODE=hp

 

東京都葛飾区立石1-15-10セアン1階

03-6657-6660

 

京成立石整骨院

立石骨盤整体センター